コドミン 何歳から

コドミンの正しい飲み方をご案内【何歳から飲める?】

コドミン 何歳から

 

コドミンはお子様向けのサプリメントとして販売されています。

 

サプリを子どもに愛飲させるという考えは、ほとんどの親御さんがもっていらっしゃらないと思います。

 

常にお子様の体を気遣う親御さんにしてみれば、色々不安が出てきますよね?

 

お子様って何歳からを指すの?とか、飲み方で気を付けないといけないことは?といった疑問が次々に浮かんでくることでしょう。

 

きちんと何歳からという指定がされていなかったり、飲み方について曖昧な点があったりすれば、大切なお子様には服用させられないはず。

 

そこで、こちらでは、コドミンは何歳から服用できるのか、コドミンの飲み方で注意すべきことは何なのか、についてご紹介していきたいと思います。

 

 

そもそもコドミンってどんなサプリ?

 

コドミンは何歳から服用できるのか?という疑問にお答えする前に、まずはコドミンが何歳からのお子様にとって役立つアイテムなのかをご説明したいと思います。

 

コドミンはこんなお悩みを抱えていらっしゃる親御さんたちの救世主となるようなサプリアイテムです。

 

@ 集団行動が苦手で、他の子たちと仲良く遊べない

 

A 先生の指示がきちんと聞けず、頻繁に注意を受ける

 

B 席に一定の時間座っていられない

 

C 常に落ち着きがない

 

D かんしゃくをおこしやすい

 

コドミンはこれらのお子様に見られる典型的な症状を改善してくれます。

 

コドミンに配合されている有効成分ホスファチジルセリン(PS)には、集中力や記憶力を向上させてくれる効果があるんです。

 

ということはつまり、お子様に集団生活への適応が要求される時期から、コドミンは役立つアイテムになるわけですね。

 

具体的には幼稚園入園の時期でしょうか。

 

無論保育園に入られるお子様も多いと思いますが、幼い頃から協調性は求められないと思いますので、幼稚園入園の時期を目安と考えてよいでしょう。

 

 

コドミンは何歳から飲めるの?

 

コドミンは、幼稚園入園の三歳くらいから、お子様に役立つアイテムになることがわかりました。

 

では、実際三歳で服用することはできるのでしょうか?

 

コドミンは薬ではなくサプリメント、つまり栄養補助食品ですので、何歳からと言った制限はありません。

 

ただ、タブレットなのでしっかり噛めることが大事です。

 

三歳でしたら歯も生えそろっているので問題ないでしょう。

 

 

正しい飲み方は?

 

お子様に飲ませるときは水などをコップに用意し、目を離さないようにしてください。

 

量については、1日に1粒が推奨されています。

 

3粒以上飲んでも問題はありません。

 

ですが、毎日つづけることが大事なので、日を空けて多めに服用するといった飲み方はやめましょう。

 

 

コドミンの年齢規定と正しい飲み方についてのまとめ

 

コドミンには何歳からといった規定はありませんし、飲み方についてはうっかり飲み込まないようにすることだけ気を付ければ大丈夫です。

 

子どもがサプリを大人しく飲んでくれるのだろうか?そう心配される親御さんもいらっしゃると思いますが、お子様の大好きなラムネ味になっているので大丈夫です。

 

気になられた方は是非コドミンの公式サイトにアクセスなさってみてくださいね♪

 

>>コドミンの詳細はこちら


関連ページ

副作用の心配が!?【アレルギー体質でも大丈夫?】
コドミンに副作用はあるの?子どものためのサプリ「コドミン」の副作用の有無についてご案内