コドミン 副作用

アレルギー体質でも大丈夫?【副作用の心配が!?】

コドミン 副作用

 

コドミンは、子どもの集中力、記憶力を向上させる子ども用落ち着きサプリとして販売されています。

 

子ども用と銘打たれているサプリは珍しいため、心配になってくるのがコドミンの副作用とはじめとする安全面ですよね。

 

そもそも、サプリメントをお子様に飲ませようという考えを、多くの親御さんがおもちになったことがないのではないでしょうか?

 

薬を小さいお子様に飲ませるのだって不安なのに、サプリという必ずしも服用しなくてもよいもので副作用の心配をしなければならないとなれば、やっぱり飲ませるのはやめようという結論に達してしまわれるかもしれませんね。

 

ですが、もしコドミンに副作用の心配がないことがはっきりすれば、お子様の落ち着きのなさや、集団に馴染めずにいる姿を見てどうにかしたいと思っていらっしゃる親御さんは、是非試してみたいと思われることでしょう。

 

そこで、こちらではコドミンを飲むことで副作用の心配があるのかどうかについてご案内していきたいと思います。

 

 

コドミンの副作用の心配について

 

コドミンに配合されている全成分は以下のとおりです。

 

ホスファチジルセリン含有 リン脂質(大豆由来)、ビタミンB2、甘味料、香料

 

有効成分であるホスファチジルセリンが原材料の大部分を占めていますね。

 

これらの原材料の中でアレルギー等をお子様がおもちでない限り、コドミンは安心して摂取できますし、副作用の心配はありません。

 

ただし、体質や体調によっては、ごくまれに発疹などが出る場合があるそうです。その場合は摂取するのをやめて様子を見ましょう。

 

それから、疾病などで治療中の方や妊娠・授乳中の方はお医者様や薬剤師さんに相談してから服用してください。

 

えっ?コドミンは子ども用のサプリなんでしょう?と思われるでしょうが、実は大人にも効果があるんです。

 

ホスファチジルセリン(PS)が情報伝達をサポートして集中力や記憶力を高めてくれますので、受験生、頭脳を使うスポーツやゲームをする方、集中力、反射能力を要するスポーツなどを普段からされている方にもおすすめなんです♪

 

 

コドミンは安心安全に十分配慮されたサプリメント

 

コドミンはお子様専用に開発されたサプリということもあり、徹底した品質管理のもと製造されています。

 

日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定を持つ、医薬品の製造実績もある国内の優良工場内でつくられているため、基本はどなたでも安心して飲むことができますよ。

 

 

コドミンの副作用の心配についてのまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

原材料の中にアレルギーをおもちのものがなければ、コドミンは安心して服用できます。

 

お子様にかんしては、特に年齢の制限もありません。

 

タブレットなのできちんと噛めるよう歯が生えそろう三歳くらいからが良いようですが、三歳と言えば丁度集団生活を学びはじめる年齢ですから、服用するには丁度いい時期ですね。

 

もしコドミンが気になられた方は、是非公式通販サイトをチェックなさってみてくださいね。

 

 

>>コドミンの詳細はこちら


関連ページ

コドミンは何歳から飲める?【正しい飲み方をご案内】
コドミンは何歳から服用できるの?飲み方で注意すべき点は?コドミンが何歳から服用可なのかと正しい飲み方についてご案内